国が定める介護レベル

2000年に介護保険が施行され、介護保険料を納付することで必要に応じた介護サービスが受けられるようになりました。訪問型・通所型などで介護施設を利用したり、居住・入所型で介護サービスを受けたりする方もいます。
ただし、介護サービスを利用するには、国が決めたレベルに応じた内容を提供しています。

このサイトには、介護のレベルを決める国の制度に関して情報を掲載しています。現在介護中の方や将来的な介護について検討している方にも、役立つ情報となれば幸いです。
実際に経験しなくては分からない不明点もありますが、ある程度は事前に情報収集しておくことで、介護者になっても要介護者になっても安心できる部分があります。

また、レベルの判定方法や基準を理解することで、今後の対応を検討するためにも活用できるでしょう。介護のレベルと判定してもらわなくては利用できない介護サービスがかなり多いので、把握しておくことが重要です。
介護支援を受けるには費用もかかりますが、介護のレベル認定を受けることで介護保険を適用しながらケアできます。

要介護1の場合でも厚生労働所の調査では1か月166,920円の支給限度額に対し、限度額を超える方は1%程度だと公表しているので、自己負担を軽減した介護が可能になるでしょう。
在宅介護をする場合、または在宅では困難となった場合の支援先としても介護サービスが頼りになると言われているので、国が決定している介護のレベルに関して理解すると安心できるでしょう。